第65回全国医学生ゼミナールin和歌山 開催方式変更のお知らせ

|コメント(0)

 現在、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している状況を受け止め、この度、8月に行われる第65回全国医学生ゼミナールin和歌山(65和歌山医ゼミ)は、全国準備期間(8月1日〜14日)を含め、全面オンライン開催に切り替えることが決定しました。

 オンライン開催に向けての準備に力を入れることができるよう、予定よりも早い段階で判断を下し、皆様にお伝えすることにしました。

 今回の決定は、

・多くの都道府県で過去最多の陽性者数を記録しており、全国的な感染の急増が続いている。
・多くの専門家の見方では、この感染の拡大はしばらく続く見込みである。
・和歌山県では、過去最多の陽性者数を記録し、病床の使用率は70%を超えている(7月20日時点)。
・西日本医科学生総合体育大会(西医体)が中止となった。
・和歌山県立医科大学の活動方針制限のフェーズが最高レベルに引き上げられ、学生の課外活動は制限されている。

といった状況から、現地・全国実行委員会の三役が総合的に判断しました。

 今年は、3年ぶりの対面開催に向けて現地・全国実行委員会で準備を進めてきました。実行委員会のメンバーとしても、対面での開催を期待されていた全国の医ゼミストの皆様としても、今回の変更は残念なことかと思います。

 しかし、オンライン開催には昨年、一昨年の実績があり、この開催方式でも多くの人が楽しめる企画にすることができました。そして、今まで対面開催に向けて準備してきたことは、今後の医ゼミにとって重要な糧になると考えています。
 開催方式は変わりましたが、引き続き65和歌山医ゼミに向けて良い準備をしていきましょう!

2022年7月25日

■和歌山医ゼミ参加申し込みフォーム

https://forms.gle/zQ8YkmbPYRPPxB3S6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

月別アーカイブ

facebook全国医学生自治会連合