第6回全国実行委員会を行いました!

|コメント(0)

9月に入り、朝晩ひんやりするようになってきましたね。

日中に長袖を着ている人を見かけるようになってきました。

 

さて、全国実行委員では、9月4日(日)に第6回全国実行委員会議を行いました。以下に会議の様子を報告します。

 

・獲得目標の確認

 会議の獲得目標について提起文書を確認しました。

 

・近況報告

 オンラインと対面の参加があり、全員の近況報告を聞きました。CBTを終えOSCEに向け勉強をしていること、対面実習が始まったこと等の報告がありました。語学留学でフィリピンから会議に参加してくれている学生もいました。

 

・サークル状況確認

 医ゼミが終わり、打ち上げをしたこと、サークル代表者の変更や引継ぎがあったこと等が報告されました。

 医ゼミサークルの立ち上げに苦労している大学が四国にあり、中四国地域での医ゼミサークルの交流・勉強会について検討しました。

 

・65和歌山医ゼミの振り返り(現地)

 大学による規制が緩和されると部活動や実習が始まり現地の活動に関われるメンバーが減ってしまうこと、再流行により本番直前に対面開催から全面オンライン開催へ変更を余儀なくされたことなど、新型コロナウイルスの流行状況の変動が激しかった今年ならではの苦労が垣間見えました。

・学習振り返り(メイン企画 報告)

 メイン企画の振り返りを行いました。レポートの役割を執筆班で共有し、レポートを作成していくことの重要性を確認しました。

・学習振り返り(平和企画 報告)

 平和企画の振り返りを行いました。平和企画から、企画の良かった点と改善していく点の報告があり、来年のレポート執筆に思いを馳せました。

 

・全体振り返り(感想文を読んでSGD)

 医ゼミ本番についての感想文アンケートを基にSGDを行いました。zoomにおけるブレイクアウトルームを作成する事前準備や、センシティブな内容についての参加者への事前共有についてなどが問題点として挙がりましたが、感想文の全体的な傾向としては概ね好意的なものでした。

・66医ゼミ主管運動

 立候補大学を確認し重点校を確認しました。主管校決定までのスケジュール、主管校の3要件、WGのメンバーを確認しました。過去の医ゼミで主管校を担った学生や、主管校の担当者から主管運動を進めるにあたって大切なことや反省が発表されました。

・5準委について

 和歌山県立医科大学の学祭の関係で5準委の日程変更を考えることになりました。SGDで講師案や企画案を出し合いました。

・広報、ポスト医ゼミについて

 事務局長から広報について報告がありました。医ゼミで講演会をしてくださった講師へ感想文を送ることになりました。

 

・情勢学習

 入学しない大学への入学金、子どもの権利に対する教員の認知度、核拡散防止条約についての記事を共有し、SGDを行いました。今後も自分が学習した情勢を共有していきましょう。

 

 今回で和歌山医ゼミの実委会議は終わりになります。10月に5準委を対面とオンラインで開催する予定です。皆さんとお会いできることを楽しみにしています!

65和歌山医ゼミの情報を医ゼミニュースにまとめました。以下のURLからアクセスできます。

https://www.izemi.com/project/project_cat/cat1

さあ、65和歌山医ゼミの締切は8/12(金)です。まだ申し込まれていない方はお気をつけください!

オンライン開催、参加費は3日間通しで500円(学生)、初参加・部分参加大歓迎です!皆さんの参加をお待ちしています!

【企画紹介〜平和企画講演会〜】

日時:本番2日目〈8/16(火)〉13:15-15:15

講演者:村田慎二郎先生 国境なき医師団日本 事務局長

演題:「紛争地からの伝言」

連日報道されるウクライナ情勢を受けて、戦地の人々に思いを馳せている方も多いのではないでしょうか。今年の講演会では、実際にそうした戦地で人道援助を行ってこられた村田慎二郎先生にお話をしていただきます。

 

↓国境なき医師団から講演会に向けてのメッセージです。

国境なき医師団は、世界約70の国と地域で活動する、民間で非営利の医療・人道援助団体です。これまでシリアや南スーダン、イエメンなどで延べ 10 年以上にわたり援助活動に従事した村田慎二郎(国境なき医師団日本現事務局長)が、紛争地の人道危機の実態を伝え、活動に対する想いを語ります。そして将来、医療にかかわる次世代の皆さんとともに、これからの人道援助について考えます。

■和歌山医ゼミ参加申し込みフォーム(講演会申し込みはこちらから)

https://forms.gle/zQ8YkmbPYRPPxB3S6

 

また、講演会に先立って、村田先生への質問を募集します。

村田先生はシリアや南スーダンの紛争地で実際に活動され、現地の活動責任者などもご経験されています。紛争地の医療・人道援助についてや国境なき医師団の活動について、気になっていることがあればぜひ下の質問フォームから送ってください。

■平和企画講演会 質問フォーム

https://docs.google.com/forms/d/1ag6vQu3bX7vgb8bE_l_9OykrUJcWBTapgH8PDjkAVjg/edit

 

■関連書籍 

「国境なき医師団」を見に行く(著者 いとうせいこう/講談社)

https://news.kodansha.co.jp/5362

紛争地の看護師(著者 白川優子/小学館)

https://www.shogakukan.co.jp/books/09389778

■村田氏が登壇されているTEDxtalks

いのちの使い方  (TEDxICU)
https://www.youtube.com/watch?v=XEg5MUw63T4 

【企画紹介〜メイン企画講演会〜】

日時:本番1日目〈8/15(月)〉14:50-16:40

講演者:石田志芳先生 児童心理カウンセラー/シンガーソングライター

演題:私みたいな大人を増やさないで

石田先生は、小さい頃に家族から暴力や暴言などの虐待を受け、引きこもりの状態となってしまうものの、そこから立ち直られます。そうしたご経験から、現在は「子どもたちのヒーロー&歌のお姉さん&作家」として子どもたちを守るための活動をしていらっしゃいます。

 

↓石田志芳先生から講演会に向けてのメッセージです。

どんな虐待が子どもの命を奪うのか、壊れた大人を作るのかを自らの経験話を交えながら話します。

途中からはシートを使って今の自分を分析してもらいます。手紙も書いてもらいます。

■和歌山医ゼミ参加申し込みフォーム(講演会申し込みはこちらから)

https://forms.gle/zQ8YkmbPYRPPxB3S6

 現在、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大している状況を受け止め、この度、8月に行われる第65回全国医学生ゼミナールin和歌山(65和歌山医ゼミ)は、全国準備期間(8月1日〜14日)を含め、全面オンライン開催に切り替えることが決定しました。

 オンライン開催に向けての準備に力を入れることができるよう、予定よりも早い段階で判断を下し、皆様にお伝えすることにしました。

 今回の決定は、

・多くの都道府県で過去最多の陽性者数を記録しており、全国的な感染の急増が続いている。
・多くの専門家の見方では、この感染の拡大はしばらく続く見込みである。
・和歌山県では、過去最多の陽性者数を記録し、病床の使用率は70%を超えている(7月20日時点)。
・西日本医科学生総合体育大会(西医体)が中止となった。
・和歌山県立医科大学の活動方針制限のフェーズが最高レベルに引き上げられ、学生の課外活動は制限されている。

といった状況から、現地・全国実行委員会の三役が総合的に判断しました。

 今年は、3年ぶりの対面開催に向けて現地・全国実行委員会で準備を進めてきました。実行委員会のメンバーとしても、対面での開催を期待されていた全国の医ゼミストの皆様としても、今回の変更は残念なことかと思います。

 しかし、オンライン開催には昨年、一昨年の実績があり、この開催方式でも多くの人が楽しめる企画にすることができました。そして、今まで対面開催に向けて準備してきたことは、今後の医ゼミにとって重要な糧になると考えています。
 開催方式は変わりましたが、引き続き65和歌山医ゼミに向けて良い準備をしていきましょう!

2022年7月25日

■和歌山医ゼミ参加申し込みフォーム

https://forms.gle/zQ8YkmbPYRPPxB3S6

3準委 報告

|コメント(0)

2022年5月14日(土)に、第65回全国医学生ゼミナール第3回全国準備委員会(以下、3準委)がオンラインで開催されました。今回の3準委の実行リーダーを務めました4年T、3年Nより報告させていただきます。

<当日の内容>

10:00-10:15 開会式・アイスブレイク

10:15-10:35 全国実委報告①:医ゼミとは

10:35-11:05 全国実委報告②:メインテーマ・平和企画について

11:05-12:00 SGD①

(お昼休憩)

13:00-14:30    田中れいか様、鴇田陽介様 講演会

(休憩)

14:40-15:20 SGD②

15:20-15:40 現地実委報告:新歓報告・開催形式について

15:40-16:00 SGD③

16:00-16:15 閉会式

18:00-20:00 交流会

 

以上が、3準委当日のタイムスケジュールです。

続いて、それぞれの企画について説明していきます。

 

(1)全国実委報告①:医ゼミとは

実委報告➀では今回新たに行われた試みである全国新歓リレーの報告と医ゼミの魅力を共有してもらうことで65和歌山への意欲を高めました。

 

(2) 全国実委報告②:メインテーマ・平和企画について

実委報告②では医ゼミの柱であるメイン企画、平和企画のテーマについて報告があり、65和歌山で何を学びたいのか話し合いました。

 

(3) 田中れいか様、鴇田陽介様 講演会

一般社団法人ゆめさぽの代表理事をされている田中れいか様にご自身の経験を基に「施設での暮らし」について講演をしていただいきました。NPO法人チャイボラの鴇田陽介様から、「社会的養護の現状」、「医療との連携」について講演をしていただきました。講演では、児童養護施設での生活環境や、施設卒業後の困難な状況についてや、施設の職員確保に関することや、医療者として何ができるかなどを学びました。

 

(4)現地実委報告

みかんの会(和歌山医ゼミに参加する会)の現地実委Hさんから新歓と新入生について報告がありました。入部してくれた新入生も多く、学習会企画を精力的に行っている様子も伺えました。

 

<3準委リーダーを終えて>

3準委を無事終えることができて良かったです。無事終えることができましたのは実行委員の方々のご協力と参加してくださった皆さんによるものです。ありがとうございました。

この3準委をきっかけに各地の活動がより活発になり、65和歌山を迎えることができればいいなと思います。

 

当日の様子

 

 

当日の参加者は40人にも上り、意見交流も活発に行われていました。

参加して頂いた皆さん、本当にありがとうございました!!

【全国準備期間中(8/1-8/14)の講演会のお知らせ】
講師:小澤いぶき先生
日時:8/4(木)10:00-11:30 
場所:オンライン形式(65和歌山医ゼミに現地またはオンラインのどちらで参加されていても、講演会に参加できます)
 
■65和歌山医ゼミ参加申し込みフォーム(小澤先生講演会への申込もこちらから)
 
 
小澤 いぶき先生
児童精神科医 / 精神科専門医 / 認定NPO法人PIECES 代表理事 / 東京大学医学系研究科 客員研究員
 
精神科医を経て、児童精神科医として複数の病院で勤務。トラウマ臨床、虐待臨床、発達障害臨床を専門として臨床に携わり、多数の自治体のアドバイザーを務める。さいたま市の子育てインクルーシブモデル立ち上げ・プログラム開発に参画。
2017年3月、世界各国のリーダーが集まるザルツブルグカンファレンスに招待を受け、子どものウェルビーイング達成に向けたザルツブルグステイトメント作成に参画。
人の想像力により、一人一人の尊厳が尊重される寛容な世界を目指し、認定NPO法人PIECESを運営している。

分科会発表者の募集【7月29日〆切】

医ゼミ内企画の分科会の発表者を募集しています!
あなたの学び、全国に共有しませんか?

■分科会って?

自由な学びを楽しんでいる医ゼミストのための、全国の場で学びの共有ができる場所です!

学習したことを熱くプレゼンしてたくさんの人に伝えてもOK!
ディスカッションをたくさん設けて意見をいっぱいもらってもOK!
ワークショップを作って新たな気付きに出会ってもOK!の自由な時間!

個人・団体は関係なし!!全国で学びを共有する滅多にないチャンス!

■企画詳細
日時:8月16日(火) 9:00〜10:30(90分)、10:45〜12:15(90分)
   8月17日(水) 14:25〜15:40(70分)
利用ツール:zoom
参加費:無料
内容:自由(公序良俗に反さない限り)

募集〆切は7月29日 たくさんの申し込みをお待ちしています!

分科会申し込みフォーム
https://forms.gle/PfXvejMNy1nZoRJj7
【注意】医ゼミ自体への参加申し込みフォームではありません!医ゼミ自体への参加申込はこちら→https://forms.gle/zQ8YkmbPYRPPxB3S6

┃第65回全国医学生ゼミナール in 和歌山


全国の皆さん、こんにちは!!

お待たせいたしました!いよいよ今年の65和歌山医ゼミ、申し込みを開始します!

今年は3年ぶりに対面の企画も行い、対面+オンラインの開催を準備しています。 全面オンライン開催となりました。

企画も講演会、学生発表、分科会、交流会など充実した企画を鋭意作成中です。

医ゼミは初参加者でもみんなが主役になれます!全準に参加して、一緒に医ゼミを作りましょう!

日程


・全凖:8/1(月)〜14(日) 

・本番:8/15(月)〜17(水)

開催形式


対面+オンライン併用 全面オンライン開催

開催場所


和歌山城ホール https://wakayama-johall.com/

開催方式がオンラインに変更されました。詳しくはこちら→https://www.izemi.com/news/general/2022/07/post-827.html

記念講演


・村田慎二郎 氏(国境なき医師団日本 事務局長)

・石田詩宝 氏(児童心理カウンセラー・シンガーソングライター)

スケジュールなど詳細は申込フォームを確認してください↓

医ゼミ申込フォーム

https://forms.gle/zQ8YkmbPYRPPxB3S6

 

医ゼミポスター

 

第4回全国実行委員会を行いました!

|コメント(0)

 こんにちは!

 もう半袖を解禁してしまっていいのか、迷う時期ですね。意外と朝夜は寒いので、体調にお気をつけください。さて、全国実行委員では、6月5日(日)に第4回全国実行委員会議を行いました。以下に会議の様子を報告します。

 

近況報告①(小グループで)

  • オブザーバーで参加してくれた方も交えて、近況報告し交流を深めました。

 サークル状況確認

  • 各地の医ゼミサークルの活動・新歓の状況を共有しました。
  • 医ゼミの成功に直結するので、連絡を切らさないようにしましょう。
  • 活動が盛り上がっているところも、コロナの影響などで下火になっているところもできる限りの後押しをしましょう。

現地報告

  • 現地としては、上限200人くらいで対面とオンラインのハイブリット開催を検討しています。感染対策の調整をしているところで、学長の親書がまだもらえておらず、慎重に検討していきたいとのことでした。
  • 「対面開催実施基準案」を参考に感染対策についてSGDをしました。
  • 去年、一昨年と形式が異なるため、慎重に議論を重ねながら、医ゼミの成功に繋げましょう。

3準委振り返り

  • 感想フォーム3準委の感想を振り返りました。
  • SGDや講演会の満足度が高い一方、企画時間も含め改善の余地が見られました。
  • 回答の集め方やフォームの形式も含めて改善案を募集しています。
  • 今後の企画の満足度を向上させるために、各々3準委を振り返りましょう。

 

メイン企画学習、議論

  • メインレポートの骨子案や今後のスケジュールを共有しました。
  • 「なぜこのテーマを学ぶのか」を言語化し、全員で共通認識の土台を作るためのSGDをし、話し合った内容を共有しました。
  • 医ゼミの理念を再確認し、メイン企画の目的を頭において行動しましょう。

近況報告②(小グループで)

  • グループを変えて今日2回目の近況報告をし、交流を深めました。

事務①(本番・全準スケジュール、講師など)

  • 全準の流れについて確認しました。本番と同様、ハイブリッド開催を検討しており、学習をする日や仕事をする日を決めてzoomなどもつないで行います。
  • 本番企画案を共有し、3日間のスケジュールや各企画について検討すべき点を確認しました。
  • 参加費について検討しました。対面とオンラインで参加費に差を設けるという基本方針の下、どの程度差をつけるのかを話し合いました。

 

平和企画学習、議論

  • 平和レポート班が骨子案を共有し、議論を交わしました。
  • その他の地域の紛争やウクライナ侵攻の背景をどう扱うかについてSGDで話し合われ、話し合った内容は全体で共有されました。
  • 政治や個人的な思想も絡む複雑な話題だからこそ、躊躇わず議論を深めていきましょう。

事務②(グッズ、広報、slackなど)

  • 実行委員内での役割分担を行いました。
  • 集約や会場、講演依頼などの事務的事項を共有・確認しました。
  • 医ゼミの成功には事務周りの遂行が前提なので、各々の役割をきっちりやりきりましょう。

会議のまとめ、諸連絡

 

 次回は5実委(7月)に予定しています。医ゼミ本番も近づいてきており、各企画が本格的に動き出すので、一緒に良い医ゼミを作りあげましょう。

月別アーカイブ

facebook全国医学生自治会連合