全国企画の記事

8月14日(医ゼミ最終日の翌日)に第5回準備委員会を行います。

60回宮崎医ゼミを振り返り、感想や医ゼミへの思いを交流する場です!

宮崎医ゼミに参加された方で、帰路につくまでに余裕のある方、医ゼミの熱が冷めやらぬ方、ぜひぜひみんなで交流しましょう!


===以下、詳細===
日程:2017年8月14日(月)
   9:00~13:00(予定)
会場:宮崎大学木花キャンパス
対象:第60回宮崎医ゼミ参加学生(全準、本番問わず)
参加費:なし
※14日夜の宿泊はこちらでは用意しておりませんのでご注意ください。

申込みは必要ありません。
お問合わせは以下まで
info@izemi.com
60医ゼミin宮崎(2017/8/11~8/13)のための全国準備期間(全準)が7月29日からスタートします!
 
全準期間は【7/29~8/9】です。
 
医ゼミはすべて学生の手作りです。
全準期間では本番用のレポートを書いたり、テーマについてみんなで議論したり、役割分担を決め、医ゼミの準備を進めます。

また、全準中には豪華な講師をお招きして講演会を行います!! それも、3回も!!

全準の参加集約は、本番の参加集約と同じGoogleフォームです。
まだ登録されていない方はお早めに!↓
 
<注意!>
【9日の12時まで】に参加された方は「全準宿舎」、11日以降に参加された方は別会場の「本番宿舎」へ宿泊していただくことになります。9日の12時に全準受付に間に合わない場合、9日、10日の宿舎は各自で確保していただくことになります。ご注意ください。


==以下、全準詳細==

日程: 7/29(土)~8/9(水) 受付 9:30~18:00

全準受付場所:7/29~8/3 宮崎大学清武キャンパス105教室
       8/4~8/5  未定
       8/6~8/9  宮崎大学清武キャンパス206教室

費用:
 参加費:無料
 宿泊費(1~6泊): 2,000円/日
 全準宿泊費(7泊以上): 14,000円
 (全準宿舎:実行委員で用意した大学周辺のアパートに数人で宿泊となります)

全準期間中の衣食住: 
 衣: 数日分持参して下さい。近くのコインランドリーにて各自で洗濯します。

 食:近くのコンビニやスーパー、食堂で食事をします。食費を持ってきてください。

 住:実行委員会で確保した大学近隣のアパートに数人ずつ宿泊します。アメニティなどの詳細は参加者に個別で連絡します。

道に迷ったときなどの連絡先:miyazakiizemi@gmail.com 


全準講演会ラインナップ:
・7/30(日)10:00~11:30
  水本潤希先生(愛媛生協病院 内科・家庭医療科地域医療研究所)
・7/30(日)14:00~15:30
   宮崎沖縄県人会(対談形式、県人会会員5~6名参加予定)
・8/5(土)18:00~19:30
   山本一視先生(千鳥橋病院 副院長、総合診療科科長)


第60回全国医学生ゼミナールin宮崎の本番タイムテーブル・会場・参加費についてお知らせします。

 8月11日(金) 清武文化会館
   13:00~13:30 開会式
   13:30~14:00 基調報告
   14:15~14:45 学生発表①
   15:00~16:30 分科会①
   16:45~18:15 分科会②
   18:30~20:30 交流会

 8月12日(土) 木花キャンパス
   9:00~10:30   分科会③
   10:45~12:15 分科会④
           12:30~13:30    昼休み
   13:30~14:00 学生発表②
   14:15~14:45   学生発表③
           15:00~17:00 全体企画講演会 近藤克則先生
   17:15~18:45 SGD
                                  (Small Group Discussion)
   19:00~20:30 交流会

 8月13日(日) 木花キャンパス
   9:00~10:00   学生発表④
   10:00~12:00 全体企画講演会 木村草太先生
           12:15~13:30    昼休み
   13:30~15:45 SGD
   16:00~17:00 閉会式
   17:15~19:15 BeerParty

※初日は受付の混雑が予想されるため、開会式から参加される方はお早めにお越しください。
※企画の途中参加・途中退出は可能です。

参加費
 1日参加券  1,000円/日
 全日程参加券    2,500円

宿泊費
 本番宿泊費  4,500円/日
 (本番宿舎:宮崎・青島水光苑ホテル)

 全準宿泊費(1~6泊) 2,000円/日
 全準宿泊費(7泊以上)14,000円
 (全準宿舎:大学周辺のアパート)

交流会費
 1日目交流会    1,000円
 2日目交流会     1,000円
 3日目Beer Party 1,500円

※参加費は資料代・講師代・会場代などを含んでおりますので、一日のうち一部でも参加される方にはお支払いをお願いしています。

※本番宿舎には8/11,12,13に宿泊できます。

※全準:全国準備期間。7/29~8/9に宮崎大学にて医ゼミの準備をします。全準参加者は近隣のアパートに数名ずつに分かれて宿泊します。8/13まで宿泊できます。

※交流会はオードブルと飲み物が用意されます。朝食・昼食は各自で近隣のスーパー・コンビニにて用意して頂くこととなります。
10月15日,16日の2日間にわたって開催される第59回全国医学生ゼミナールin群馬 第6回全国準備委員会(6準委)の講師が決定致しました。

今回の学習講演会では、医ゼミのOBでもあり、今年の群馬医ゼミの全準期間でもお越しいただいた、原澤朋史先生にご講演いただきます!!!

もう少しで参加集約の一次締め切りとなります!
ふるってご参加ください\(^o^)/!!

▼講師紹介▼
原澤朋史先生
医師/医系技官
1984年東京都生まれ。2009年群馬大学医学部卒。救急医療の分野で経験を積み、専門医を取得した後、2016年に厚生労働省に入省。医政局地域医療計画課 救急・周産期医療等対策室所属。
第47回群馬医ゼミ(04年)現地実行委員会、第51回群馬医ゼミ(08年)現地事務局長を歴任

▼参加申込▼
info@igakuren.com
上記アドレスに氏名/学園/専攻/学年/宿泊の有無を明記の上ご連絡ください。

▼6準委ポスター▼

6準委チラシ(第1版).jpg

こんにちは!59群馬医ゼミ全国実行委員会です!!

先月8月11日~13日に第59回全国医学生ゼミナールin群馬が開催されました!

この59医ゼミをふり返ると同時に60医ゼミに向けてどんな学びをしていくかを考えるため、第6回全国準備委員会を行います。

以下に6準委の詳細をお知らせいたします。


・日程

2016年10月15日(土)、16日(日)


・会場

15日:全国家電会館(〒113-0034 東京都文京区湯島3-6-1)

16日:国立オリンピック記念青少年総合センター(〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1)


・宿舎

国立オリンピック記念青少年総合センター


・費用

参加費:300円、参加+宿泊費:2,000円

スケジュール(仮)

<15日>

12:30 開場、受付開始

13:00 全国実行委員会報告

14:00 学習講演会

16:00 SGD(Small Group Discussion)

17:20 全体共有、1日目のまとめ

17:40 移動、夕食交流

<16日>

8:45 全国実行委員会報告

9:15 SGD

11:00 全体共有

11:15 閉会式


・参加申し込み

各地の医ゼミに行く会、サークルの代表の方に後日メーリングリストを通じて参加フォームのURLを送ります。

そのURLをそれぞれの団体に周知していただければと思います。

個人参加で申し込みを希望される方はHP内「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。


8月の医ゼミ本番に来られなかった方にはぜひ来ていただきたいと思っております。

みなさんのご参加、お待ちしております♪

【第3回準備委員会 参加者大募集!】
【ついに59群馬医ゼミのメインテーマが決まる!!】

みなさん、こんにちは!
第59回全国医学生ゼミナールin群馬 全国実行委員会です!!
新学期が始まり、新しい環境に慣れましたでしょうか?
全国各地でいろんな自主ゼミサークルの新歓が盛り上がっているようですね!!

さて、医ゼミ第3回全国準備委員会のお知らせです!
「準備委員会」という名称ですが、学習のため講演会を開催して、参加者みんなで学び交流し、有意義な時間を過ごせるように企画作りをしています。学習と交流を通して、今年の医ゼミで何を学ぶのか、テーマについてみんなで議論を深めていきたいと考えています。

以下、企画概要です。
【日程】2016年5月14日(土)、15日(日)
【会場】築地市場厚生会館(東京都中央区築地6-20-6)
【宿舎】同上 宿泊施設
【費用】参加費:300円、宿泊費:5500円(交流会費: 300円)

【講師】菅俣弘道氏(医療事故被害者遺族)
今回ご講演いただくのは、2000年に起きた医療事故でご家族を亡くされた後、医療者・医療機関と協働して医療安全の活動を続けていらっしゃる菅俣弘道さんです。患者さんが納得できる医療とはどのようなものか、患者さんの権利とは何か、ご自身の経験をふまえてお話いただきます。また、医療者と患者さんとの信頼関係について、医療系学生に対して伝えたいことをお話ししていただきます。

■スケジュール(予定)
【14日】
12:00 開場
12:30 受付開始
13:00 企画開始
16:30 菅俣弘道氏講演会(質疑応答含む 90分)
18:20 企画終了

企画では、実行委員からの医ゼミ紹介や、今年のテーマについて全体でのディスカッション、現地群馬県の学生の取り組みなどを交流します)


【15日】
9:00 開場
9:15 企画開始
11:45 企画終了、解散

企画では少人数班に分かれてのディスカッションや各地の学習の交流を行います。


1.お名前
2.大学と学部・専攻
3.学年
4.性別
5.参加日
6.宿泊の有無
を明記の上、info@izemi.com
まで送っていただくよう、よろしくお願いします。(締切:5/5(木))

※団体代表者の方へ
各団体の代表者の方は、団体内の参加者の情報を予めエクセルにまとめてお申し込みください。エクセルの形式は自由ですので必要事項が入っているかをご確認ください。参考までにエクセルの形式例を添付【団体名】3準委集約.xlsxいたします。
また、締め切りを過ぎての参加申し込みや、当日キャンセルが多くあると、宿舎に迷惑がかかってしまいます。体調不良などは仕方がないのですが、なるべく締め切りを守っていただき、キャンセルのご連絡も早めにしていただけると助かります。皆さんにお話し頂くよう、よろしくお願い致します。

築地の新鮮なお魚たちと一緒に、全国のみなさんのご参加をお待ちしております。

お問い合わせは下記までお願い致します。
第59回全国医学生ゼミナールin群馬 全国実行委員会
info@izemi.com

発行:医ゼミ全国実行委員会
先日お知らせした、第2回全国準備委員会の学習講演会についてです。

2日目の3月24日(月)に、横浜市立大学教授の中西新太郎先生にご講演いただけることになりました。時間は、9時半~11時を予定しています。

中西先生には、子どもの成長において大切な自己肯定感を、何が阻害するのか。それは病や家庭や人間関係、そして広くは社会の在り方にまで言及できるものかもしれません。子どもたちが今の社会で成長していくことに関して、文化社会学者の目線からのお話をしていただく予定です。
また、「若者の"生きづらさ"」についてもご研究されているため、去年の医ゼミにつながるような学びができたらと思います。
ご参加、お待ちしています。
■日時
2014年3月23日、24日(日、月)

■場所
23日:お茶の水女子大学 理学部3号館701(7階)
24日:文京シビックセンター 区民会議室 5階会議室C
宿泊:鳳明館 本館(※タオルやドライヤーなどのアメニティは各自ご用意ください。)

■費用
参加費:300円
宿泊費:5000円

■講演会
現在依頼中です。決まり次第、ご連絡します。
(実行委員会では随時、講師案を受け付けています。
本番に向けても企画中ですので、希望などありましたらお気軽にご連絡ください。)

■タイムテーブル
●23日@お茶の水女子大学
16:00  受付開始
16:30  企画開始
19:00  夕食・移動・休憩
21:00  宿舎にて交流会
●24日@文京シビックセンター
9:00~ 企画開始
12:00 終了

■申し込み
①氏名
②大学
③学年
④性別
⑤参加日
⑥宿泊の有無
を、「info@igakuren.com」まで送っていただくようよろしくお願いします。
※団体で申し込まれる方は、参加者個々についての上記の6項目のデータをExcelデータにまとめて、「団体の代表者名、連絡先」を添えていただきますよう、よろしくお願いします。

集約締切は【3月14日(金)】とさせていただきます。
みなさんのご参加を心よりお待ちしています。

118,19日(土,日)は次の医ゼミ、つまり第57回全国医学生ゼミナールin信州に向けての第1歩となる第1回全国準備委員会が、東京にて開催されました!

 1日目には全国実行委員会からの報告と、現地実行委員会からの報告がありました。

"そもそも医ゼミがどのような理念の基に開催されているのか"

"現地となる信州の学生の状況はどのようなものか"

"今年の医ゼミでテーマとして何を取り上げるか、どのような企画を作るか"

といったポイントについて、SGDを行いました。

特に医ゼミの企画作りに関してのSGDでは沢山の面白いアイデアが出されました。このように、定期的に行われる全国準備委員会で出されたアイデアを基にして、57回信州医ゼミをもっと、もっと具体的にしていきましょう。

まだまだ今年の医ゼミは動き始めたばかりですが、これから全国実行委員会、現地実行委員会、そして各地の医ゼミ参加者や参加団体で、盛り上げていきましょう。

 

 2日目には学習講演会として、NPO法人ささえあい医療人権センターCOMLの理事長である山口育子さんにお越しいただきました。患者さんの人権を守るためには、医療を提供する側の努力だけでなく、患者自身も自立・成熟し、主体的医療参加ができるようになることも必要であり、対立ではなく「協働」の関係が作られることが理想なのだとお話してくださいました。また、その理想を実現するための具体例をいくつか出していただきました。

 「人を名前で呼ぶ」というような、普段からやっているような些細なことや小さな配慮で患者・医療者関係は改善され密なものになっていくのだと学びました。とてもわかりやすく、今から意識・実践していきたいことがたくさんみつかりました。

 

 2日間とても濃密な時間を過ごすことができました。参加されたみなさん、本当におつかれさまでした。次回は32324日(土,日)の第2回全国準備委員会です。今回参加された方も、参加されなかった方も、ぜひご参加ください!

S__44179458.jpg
今年も残りわずかとなりましたが、各地ではポスト医ゼミが盛り上がっているようですね(^^)

さて、第57回全国医学生ゼミナールのスタートを切る企画である第1回全国準備委員会のお知らせです。

 57医ゼミの主管校については12月28、29日に行われる医学連の中央執行委員会会議にて決定されます。決定次第、お知らせいたします。

■日時
2013年1月18、19日(土、日)

■会場
18日:全国家電会館1階(東京都文京区湯島3丁目6-1 JR御茶ノ水駅から徒歩10分)
19日:文京区民センター3階(東京都文京区本郷4-15-14 都営三田線・大江戸線「春
日駅A2出口」から徒歩2分、東京メトロ丸の内線「後楽園駅4b出口」から徒歩5分)
宿舎:太栄館(東京大学本郷キャンパス近く)

■講演会
講師は依頼中ですが、今の医学・医療や社会の動きを学び、今年はどんな医ゼミにしていこうか議論ができるような内容を予定しています。講師についても決定次第、お知らせいたします。

■費用
参加費:300円
宿泊費:5000円
(交流会費 300円)

(宿泊せずに交流会のみ参加される方は、宿舎で交流会を行う関係上、交流会場代が別途ひとり2730円かかります。宿泊される方にはかかりません。)

■スケジュール(仮)
<1日目>
12:45~ 受け付け開始
13:10~ 全国実行委員会報告
14:00~ 講演会
16:00  SGD(スモールグループディスカッション)
17:30  移動・夕食
20:30  交流会

<2日目>
07:15  起床・会場へ移動
09:00~ 会場準備 
09:15~ 現地・全国実行委員会報告
10:00  SGD
11:00  全体発言
12:00  記念撮影・終了

■申し込み
 ①氏名
 ②大学
 ③学年
 ④性別
 ⑤参加日
 ⑥宿泊の有無
を、「info@izemi.com」まで送っていただくようよろしくお願いします。
また、団体で申し込まれる方は、参加者個々についての上記の6項目のデータをExcelデータにまとめて、
・団体の代表者名
・代表者の連絡先
を添えていただきますよう、よろしくお願いします。

集約締切は【1月10日(金)】とさせていただきます。
みなさんのご参加を心よりお待ちしています。

月別アーカイブ

facebook全国医学生自治会連合