後援団体

わらわら(長野医ゼミに参加する会)

説明:
信州大学医ゼミ委員会を中心に、長野県下の学生で構成しています。
第46回医ゼミの開催地でもあります。
もやもや病の患者と家族の会(もやの会)

説明:
もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)は未だ原因不明で予防治療方法も確立されていない難病です。不安な毎日ですが、私たち患者、家族がともに手をつなぎあって、医療、教育、リハビリ等の専門家の方々と協力し合って多くの不安や悩みを解決したいと思っています。
患者の権利法をつくる会

説明:
「インフォームド・コンセント」を中心にすえた「国の法律」をつくろうと、全国の患者、市民、学者、医療関係者、弁護士などがあつまって、「患者の権利法をつくる会」が結成されました。
共同作業所全国連絡会(きょうされん)

説明:
障害のある人たちの暮らしに必要な制度・施策を充実していくためには、小規模作業所をはじめとする関係者が手をつなぎ大きな流れをつくっていくことが求められています。
 障害のある人たちの豊かな地域生活の実現に向けて、ぜひきょうされんの活動にご参加いただきますよう、心より呼びかけます。
国民医療研究所

説明:
「予防・保健から治療・リハビリテーションに至る一貫した医療体系を含む国民医療の充実、質的向上をはかる国民的運動を対置しなければならない」(国民医療研究所規程前文)と考えています。
新日本医師協会

説明:
新医協は"国民の生命と健康を守り、国民本位の医学・保健・医療・福祉の進歩をめざす" ことを目的とした個人加盟の学術研究・運動体の組織です
全国失語症友の会連合会

説明:

失語症者などの障害者団体相互の親睦ならびに理解を深めると共に、必要な事業を行い、あわせて失語症に対する啓蒙をはかり、もってその生活と福祉の充実・増進に寄与することを目的としています。
全国保険医団体連合会(保団連)

説明:
「開業医師、歯科医師の生活と権利を守る」とともに「保険医療の充実・改善 を通じて国民医療を守る」ことを目的に活動進める中で、全国組織としての全国保険医団体連合会(保団連)が結成されました。現在、47都道府県・52保険 医協会(保険医会)が保団連に加盟しています。
全日本教職員組合(全教)

説明:
 文部科学省によって教育基本法の「見直し」が中央教育審議会に諮問されるという憲法と教育基本法をめぐる重大な情勢のもとで、父母・地域住民とかたく共同し憲法と教育基本法を守り学校と教育に生かす運動を国民的に発展させるとりくみをすすめています。
全日本民主医療機関連合会(民医連)

説明:

民医連は、医療機関の連合体です。今年50周年を迎えます。この半世紀、「いのちの平等」を掲げて、地域での医療、介護の活動を展開しています。
日本ダウン症協会(JDS)

説明:

JDSは、ダウン症をもった人をはじめとする染色体異常や知的障害児・者の医療・保険・福祉・教育・就労など、ライフサイクルの全般にわたって、関連するそれぞれの情報をできる限り広範に集めて、整理・活用していきます。
日本医学教育学会

説明:
日本医学教育学会は、医学教育に関する研究の充実・発展ならびその成果の普及を目的として1969年(昭和44年)8月に創立されました。
日本看護協会

説明:
社団法人日本看護協会は、
保健師・助産師・看護師・准看護師の
看護職能団体として、
看護の質を保証するために努力を続けます。
日本平和委員会

説明:
日本平和委員会は、日本とアジア、そして世界の平和のために運動する個人加盟の市民団体です。核戦争阻止・核兵器廃絶・被爆者援護、日米安保条約廃棄・米軍基地撤去、日本国憲法の平和条項を守り日本に再び戦争させないために全国各地で活動しています。
facebook全国医学生自治会連合